Art in Kyoto

JR京都駅からバスに乗り東山の方面へ15分ほど走る。
美術館前の停留所で降りると、
なんとも大きな鳥居が出迎えてくれる!
(右下の車と比較すると、この大きさが伝わるかしら・・・)
ルーブル美術展が終わった京都市立美術館は祭りの後の静けさを保っている。
f0013519_1314156.jpg

今回はその隣にある京都国立近代美術館へ。
Artな女史Marinのお勧めの個展ウィリアム ケントリッジ
f0013519_13151167.jpg

チケット売り場でスタシア(阪急・阪神百貨店カード)会員だと割引き特典があると書いてある!
ラッキ~♪入場料が850円が600円になるやん♪





木炭とパステルで描かれた一枚の紙を何度も何度も、消し書き×消し書きして1コマごとに撮影していく、ドローウィング、アニメーション。
本当に気の遠くなるような作業の連続なんだろうな。

その映像を円形のテーブルに映し出し、そのテーブルの真ん中に円柱形の鏡のようなものがあって、反射している映像を見るという、本当にユニークな表現方法がなんとも面白い!

その他にも二枚の絵を鏡を通してみると浮き出しているように見えるというものがあり、
見ているだけで、彼の絵の中に実際に入っているかのような気分になる、
とても面白い仕掛けでした。私はそれが一番感動した!

もう一つはこの風景!4階のロビーの窓から青空が見える。
f0013519_1346385.jpg

前にMarinとGyonさんと西宮のタイ料理クワンチャイで飲みながら語っていたことを思い出しました。
「Artは、人それぞれの感性が異なるので何がいいとか悪いとかじゃなく、
自分の感性にいかに届くものがあるかどうか・・・・」
万人に届くものではなくても届けたい人だけに伝わればいいんだなと
改めて感じた 秋の遠足でした。
そのあと平安神宮まで歩いてきたよ。
f0013519_1349381.jpg

京都ひとり遠足はとっても満喫でした。
[PR]

by ainoaozora | 2009-10-01 13:50 | おでかけ