Are you in love?

うちのschoolは1歳の赤ちゃんからのレッスンもあり、
おかげさまで、KIDSの生徒数も順調に増えています♪
いまどきの子供の名前ってすごくハイカラで、びっくりするくらい難しい当て字をしていたり、それぞれオンリーワンの名前で個性を競い合ってる。

小学校5年生の「恋(レン)ちゃん」という、
名前からしてちょっとおませさんな香りがする子がいる。




彼女はレッスン前少し早めにカウンターに来て、話をするのが好きらしい。
話し出したらとまらない、ドラマにでてくるようなまるで女子高校生のような会話を
一人永遠に続ける子。とても可愛いくて楽しませてくれる。
例えば、
バレンタインデーに、チョコをあるお兄さんにあげたので、お返しにバックを買ってもらうんだ♪とか、「最近の男はね~・・・・」と最新男の子事情とか。
仕事をしながら「うんうん。」と楽しんで聞いてる私。

ふいに、恋ちゃんが私の名前のバッチを見て質問した。

「先生~、愛っていう名前なんだ。 ねえ、恋してる?」

唐突な質問にドキッ!マギっ!

『え?! ・・・・どう思う?』私はニヤっと微笑みながら おませな彼女の答えを待ってみた。

じっと私の顔を見つめる彼女の瞳がギロリと光る。

彼女「う~ん。 恋してないわね。」まるで艶女(アデージョ)な先輩口調で返答。

『わはははは~ えーーー?なんで?』大笑いする私。内心動揺。。。

彼女「だって、いつも仕事が忙しいそうなんだもん。」て慰めるかのように付け足す。

動揺を隠し切れず、そばにいた、のん師匠に質問をふってみた。

『恋ちゃん、この先生はどう思う?恋してる?』 のん師匠は既婚者。でも恋多き人だったので
どんな答えが返ってくるかワクワクした。

彼女「えー。・・・・・・・ビミョウー。」

「あはははっは。」とのん師匠と私大笑い。

おそるべし、小5.名前負けしてない、女の直感力。 ちょっと見透かされたような気分。

でもね、おませ恋ちゃんよ、I'm always in love! 私も名前負けしてないで~?!
[PR]

by ainoaozora | 2006-04-10 00:41 | 私の仕事