カナダにワーホリに行きたいなら!

7月 夏はあいにとって転機の月。(なんでかわからんけど、たぶん。)

毎年この月に脱皮して少し大きくなるようだ。セミのように。

それは例えば、初恋だったり、恋愛だったり、失恋だったり、
ひと夏のアバンチュール!?だったり、

って恋事ばかりじゃないんだって。
f0013519_131484.jpg

22歳の7月。私は単身カナダに飛び立った!

地元宝塚の親元から出たことない世間知らずのあの頃の私にとって

1年カナダに住むっていうことはかなり勇気がいりました。

そんな時、ネットで見つけた Canada WATT カナダワーホリをサポートしてくれる会社。

あの時はまだピチピチの小娘だった私を、色々と親身になってヘルプしてくれた代表のSIZUKAさん。6年経った今でもやり取りは続いていて、遠くから見守っていてくれます。

Sizukaさんに紹介してもらったホームステイ先はアーティストのママさんが骨董品を集めた家具が素敵で、とても人懐こい猫が4匹もいた。なんでも優しく私の話を聞いてくれたり、意思を尊重してくれる人でした。住み心地が良く、すごく気に入って、結局1年3ヶ月間、変わらずそこにステイし続けました。

Siuzkaさんに紹介してもらったESLの学校は当時は日本向けの広告パンフではなかなか目にしない小規模な学校だったけど、アットホームでフレンドリーな先生方ばかり。
校長先生にやる気とかってもらえたのとご縁もあって、カウンセラーとして受付業務や学生のサポートのお仕事を手伝わせてもらいました。
先生のベビーシッターとして働くこともできたし、歳の近い先生とは友人として付き合いも増え、とても楽しい毎日だったなあ。

移民して約10年のSizukaさんには沢山の地元情報を教えてもらって、地元人の中に溶け込み少しでもカナディアンらしい生活を楽しめたのは何よりもWATTのおかげだと思いました。

人とは一味違う充実感を味わいたいという、カナダへの本気ワーホリ・本気留学をアシストしてくれるWATT。

これからカナダへ行きたい!と考えてる方は一度ぜひHPに行って見てね。
参加者の声で私もチョコッとコメントしてます。
[PR]

by ainoaozora | 2006-07-14 00:56 | 友達の輪