落し物はなんですか?

私は昔から忘れ物や落し物をよくする。

ほんまに自分でもイヤになっちゃうくらい。

自分でも恥ずかしすぎて、やりきれないからお酒の席ではいつも笑い話にしちゃうくらい。

いっそのこと開き直って、ここでも言ってしまおう。





赤面と共に私の記憶によみがえる恥ずかしいエピソードBEST3はこう。

No3。 
高校生の時に初海外のオーストラリアのシドニーのオペラハウスの前で、
「記念写真をとるぞー」て言われて、海岸の防波堤に登って写真を撮った後、
降りたら、地面には私のパスポート。 
「わお!ポーチのチャック空いてた!」と慌てて中身を確認するとお財布が見当たらない。
後ろを振り返ると、2メーター下の海面にプカプカお財布が浮いている・・・・
引率の先生や友人たちが慌ててそこらじゅうの木の枝や大木やとかついでいるのに、
私は冬の海には飛び込めずそのまま海を漂う財布をただ悲しく見つめていた。

No2。
就職してしばらくたってから、健康維持の為に歩こうと思って、
ジーパンとスニーカーを履いてリュックを背負って出勤していた。
その日は軽くダッシュして電車に乗り込む。
揺さぶられたリュックのチャックが勝手に空いてたことに電車に乗ってから気付いた。
大きな口が開いたリュックの中身を確認すると、
履き替えようと持ってきたはずのパンツ(ズボン)がない!
「オーノー!落とした!」途中の駅で電車に乗り換えトンボ帰りするものの、
このままでは遅刻するー!と思った私は休みで家にいた父に連絡し、
「駅までの道端にズボン落ちているから拾って持ってきて~」て恥を忍んですがりつく。
道端で無言でズボンを拾う父の姿は絶対怪しまれただろう。


No1.
21歳の時に付き合っていた彼氏のおばちゃんに
「美味しいから持って帰り」とお土産にもらったパンネルの食パン。
「めっちゃ大好きなんです!本当ありがとうございますぅ!」
てはしゃいでもらったのに、3日後に彼氏の車の後部座席の下から
カビが生えたそのパンがおばちゃんに発見された。
それから半年くらいは会わせる顔がなくて彼の家にいけんかった。(最悪やー)


もう大人になってまで落し物はしないと思っていたら、
やってしまった、記録を塗り替えるほどの恥ずかしい落し物NO1。

それに気付いたのは他校の先輩からの一本の電話。
先輩 「あいちゃん、給与明細届いた?」
あい 「え、届きましたよ。二日前くらいですかね。」
先輩 「ほんまに?それって中身みた?」
あい 「(もしかして間違えて先輩のが届いたんかな・・・、or何か明細で間違いがあったのかな?と思いつつ)
中身は まだ見てないですけど、ちゃんともらいましたよ。」と手探りにかばんに入れていた給与明細を確認しようとゴソゴソ。
先輩 「そんなはずないで、あいちゃん、給与明細落としたやろ?」
あい 「は????」
今朝自宅の駅の改札で私は給与明細を落としてしまったらしい。
それを男性が拾って駅5つも離れた他校にわざわざ足を運んで届けてくれたらしい。

封は閉じられたままだったみたい。
危うく、私のせいで給料がばれるとこやった。
おうまいごっと!
先輩にも恥ずかしい思いをさせてしまい、ほんまに穴があったら入りたい。
拾ってくれた方が本当に親切な方でよかった。
どこのどなたかわからないままになってしまったけど
本当にありがとうございました。

今後は絶対落し物しないように
かばんのチャックと
気持ちを引き締めます。
[PR]

by ainoaozora | 2007-11-26 02:31 | なんでもない日